裏側矯正(リンガル矯正)

  • sp_tel.png

裏側矯正(リンガル矯正)

裏側矯正とは、歯の表側からではなく、歯の裏側(舌側)に装置をつけて行う矯正治療のことです。

裏側矯正の一番のメリットは、審美性にすぐれているということです。

歯の表側に装置を付ける通常の矯正に比べ、歯の動きに限界がある為、軽症例に限って治療するのがよいと考えています。でも、そういうケースには、今では、アソアライナー、インビザライン、イークライナー、クリアライナーを使うことが多いです。

治療前

治療中

デメリットとして、

舌感が悪く、食事が美味しく食べられないこともあります。

抜歯ケースでは、他人からみると、歯が抜けているようにみられること。

人によっては発音しにくい。

術者の技量にかかわらず、どの術者が行なっても、裏側矯正のほうが表側より著しく難しくなる。

わざわざ難しくして、リスクを高めることは良くないと考えております。

 

 

上記、理由で現在、当院では裏側矯正しておりません。以前に比べたら、ずいぶん減りましたが、矯正装をつけているのを見られるのを気にする方が多いのは、世界的にみて日本だけだそうです。

マルチブラケット適用年齢の方(永久歯列、成人矯正)、「私、健康のために装置つけてるのよ!」 と言いましょう。 

077-544-4020 WEB予約